忍者ブログ
[74] [73] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [47] [63] [62]

DATE : 2018/04/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/01/31 (Wed)

映画「どろろ


◎公開:2007年1月27日全国東宝系ロードショー
◎原作手塚治虫
◎ストーリー
乱世の覇者となるべく魔物との契約を交わした父の代償に、生まれながらにして体の48ヶ所を魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木聡)が、自らの体を取り戻す物語
◎監督:塩田明彦
・「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を
◎アクション監督:チン・シウトン
◎出演
★百鬼丸:妻夫木聡(26)
★どろろ:柴咲コウ(25)
★景光(父):中井貴一
◎主題歌:「フェイク」Mr.Children

メモ
・総製作費20億円
・CGを駆使した戦闘シーン
・北米配給権をユニバーサル・ピクチャーズが獲得(1月18日)
・アジア、ドイツ、オランダ、香港、タイ、欧州など20カ国での配給が決定
・妻夫木&柴咲の2人は半年前からアクションを学んだ

コメント
★ユニバーサル・ピクチャーズ:エグゼクティブ・バイスプレジデントマイケル・ジョー
・「ここ近年、日本映画の復興には目を見張るものがあり、われわれハリウッドだけでなく世界中が注目を集め始めている」

妻夫木聡
・「絶望からはい上がる今までにない役。何が正しいか分からない世の中ですが、彼にとってはただそこにあるものが真実。生きるということを見詰め直し、自分自身にプラスになりました」
・アクションについて?
「お互い体が硬いから苦労しました」
「オレは真逆! 限界を過ぎるとコウちゃんは泣いて、オレは笑っちゃうんですよ」

柴咲コウ
・コソ泥が女性という設定に?
「私自身、男でも女でもどっちでもいい。たまたま女なだけ」
・役と印象が重なるが?
「感情から芝居をするので、似てればうれしい。演技の材料としても広がった気がします」
・アクションについて?
「柔軟をやった後に大泣きしました。痛いし、できない自分が悔しくて」


★「どろろ完全図絵(パーフェクト・ガイド)
★「どろろ 上
★「どろろ 下

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
リンク
ショッピング便利ツール
コミュニティ
バーコード
検索
サイトマップラス
Powered by SEO対策
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策